魅力的な目元を手に入れよう【二重整形を受けるのがお勧め】

女性

二重整形で目力を強くする

カウンセリング

二重整形を活用して理想の目元を作ろう

一重まぶたの人は目元をもっと華やかにするために、二重まぶたになることを希望する場合が多く見られます。まぶたを理想の形にするためにはまぶたを止める二重のりなどを使う方法もありますが、手間がかかりますし、そのようなのりを使っていることを他人に知られたくない人などもいるので、美容クリニックで二重整形を利用する方が良いでしょう。ほとんどの美容クリニックでは二重整形の手術を種類豊富に取り扱っています。それはまぶたを理想の形にしたいという希望が多いからですが、短時間の施術で気軽に行えるものから、まぶたをメスで切開して取れにくいラインをしっかりと作るものまで様々な方法があるため、まぶたの手術を受けたい人は事前のカウンセリングを十分に行って自分にぴったりの手術を選ぶようにしてください。まず、簡単な方法で二重まぶたになりたいという人には埋没法と呼ばれる方法が適していると考えられます。埋没法はいわゆるプチ整形としても有名な施術で、メスを使わずにとても細い医療用の糸を使ってまぶたを縫い止めることで二重まぶたを作る方法です。埋没法のメリットは施術にかかる時間が約10分で終わるクリニックもあるほどの簡単な施術なので、気軽に受けられることです。手術中の痛みが心配な場合でも、麻酔をしてもらえば痛みを感じずに受けることが出来るので安心出来ます。また、治療費用も比較的安い特徴があるため、お試し感覚で受けられますし、施術を受けた後にまぶたが腫れにくいことによりすぐに普段の生活に戻れるのも魅力です。更に埋没法の便利な点は、糸を外してもらえば元のまぶたに戻せるので、気に入らなかった時にもやり直すことや元通りにすることが出来て後悔するリスクが少ないことでしょう。一方、まぶたをメスで切開して二重のラインを作る手術のことを切開法と言います。切開法の良い点は、埋没法では実現が難しいニーズに応えられる点です。例えば、元々まぶたが厚い人は埋没法では二重にすることが難しい場合がありますが、切開法なら理想のまぶたへ変えることが出来ます。それから埋没法を利用してすぐにラインが取れてしまったという人にも切開法はおすすめです。この方法なら一重にもどってしまうことはほとんどなく、半永久的に効果が続くと期待出来ます。切開法を利用すれば、まぶたのたるみを解消してから二重まぶたを形成するといった手術も可能です。まぶたのたるみはまぶたに余計な脂肪や皮膚がついているからですが、まぶたがたるんでいると眠たそうな目に見えてしまったり老けて見えてしまうデメリットがあるため、切開法を利用してパッチリとした若々しい目元を目指してみてはいかがでしょうか。それから切開法を受ける時には、目頭や目尻を切開する手術を加えることで目をより大きく見せたり、理想の形に近づけることも出来ます。まぶたが一重であることに加えて自分の目の形が気に入らなくてコンプレックスを持っていたという人はこのような治療法を検討してみてはどうでしょうか。切開法はメスで切開して行う手術なので、術後に1〜2週間ほどまぶたが腫れたり内出血が起こるといったダウンタイムがあります。この方法では手術のやり直しは難しいため、後悔しないようにしっかりと医師と打ち合わせをしてから利用するのがおすすめです。